美肌に万能なイオン導入+ビタミンC誘導体

ニキビのケアにも美顔器は効果的

ニキビは肌にある皮脂が、ストレスやホルモンバランスの崩れなので毛穴をふさいだり、上手く排出されず、毛穴をふさいだ後、酸化して炎症に発展することをいいます。肌に分泌される皮脂は、水分と合わさって肌を守っている重要な役割。

毛穴の汚れのケアとも共通しますが、まずは清潔にすること、ニキビが気になっても触らないことが大切。美顔器などもニキビの炎症が激しい時や、今まさにニキビができているという状態の時は、使用を避けたほうが無難です。

イオン導入で色素沈着を防ぎターンオーバーを促す

ニキビはもうなくなったけど、痕が赤くなって残った場合は、イオン導入タイプの美顔器が有効です。ビタミンC誘導体をしっかり効かせ、色素を追い出すことで、美白肌をつくります。肌全体のターンオーバーの改善という意味でも、イオン導入タイプは有効です。

大人のニキビの原因は、肌の乾燥からも起こります。肌の表面は脂浮きが激しいのに、肌の内部は乾燥しているというインナードライ状態も考えられますので、水分を与え、それを保つための保湿は大切です。スチーマーなどで普段から水分を失わないようにすることも対策と言えます。

ニキビは目立つ上、酷い時は痛みやかゆみを伴うつらい症状です。まずはつくらないことが一番ですから、ニキビが出来易い人は普段からビタミンB剤を摂るようにしたり、肌を清潔にするように心がけたいですね。また、ニキビはストレスや不摂生、睡眠不足からも起こります。我慢のしすぎ、無理のしすぎ、頑張りすぎてニキビを作らないよう、上手なストレス解消法を味方につけ、ニキビを乗り切りたいですね。

シミの解消と日焼け対策にビタミンC誘導体

日焼けやシミは、太陽からの紫外線が原因です。紫外線対策は夏場だけ、という人もいるようですが、それは間違い。日本での紫外線は3月頃から強まり、5月〜7月頃をピークとして、10月いっぱいくらいまで対策が必要。日頃からの対策が大切になりますが、できてしまったシミや、日焼けの対策はどうすればいいのでしょうか。

日焼けによるシミは、肌の含まれる色素、メラニンの働きによります。皮膚にできたメラニンがいつまでも肌に残ると、沈着してシミとなります。メラニンは作られても代謝によって体外へ排出されるますので、これを助けるビタミンCを使うことでシミを薄くしたり、予防することが可能。

また、肌を美白したいという場合にもビタミンCは有効。ビタミンCは肌のキメを整え、代謝をよくし、メラニンを追い出します。美顔器を利用するなら、イオン導入タイプがおすすめ。美白の決め手となるビタミンC誘導体選びが何よりも重要になりますから、しっかりリサーチし、効果の高いものを利用したいですね。

美顔器によるケアと併せて紫外線対策を

美顔器の効果と合わせて、普段からのUVケアや紫外線対策をしっかり行うことが重要です。外出時には日傘や防止、手袋をしっかりする。短い時間の外出でも面倒臭がらずに日焼け止めを塗る。細やかな心がけがシミを予防し、美白を助けます。

また、屋外だけでなく、室内でも日焼けは起こります。大きな窓のある部屋や、窓際にいることの多い人は、カーテンやブラインドを下ろす、室内でも日焼け止めを塗るなども十分な対策になります。定期的な美顔器の使用でしっかりとビタミンCを肌に補給しつつ、日々の対策を怠らないようにしたいですね。

メニュー