美顔器の代表的な2つの機能を解説

超音波振動とイオン導入の効果について

複数の機能を備えた美顔器が多くあるなか、主要な2タイプが「イオン導入」と「超音波振動」。1つの美顔器でもこの2つの機能を備えているものも多くあります。ここで、それぞれの機能と効果を比較してみましょう。

「イオン導入」の効果

美白・シミの予防と改善、肌全体を整える(使うもの:ビタミンC誘導体)
ビタミンC誘導体をイオン化して、肌のバリアゾーンを突破し、真皮にビタミンCを送り届けることが目的となります。

肌の奥にビタミンCを浸透させることで、細胞に栄養を補い、活性化させることで美白やシミ予防などの効果が期待できます。そしてそのためには、ビタミンC誘導体がきちんと機能していなければ効果がありません。

即効性抜群!イオン導入の美白効果とビタミンC誘導体

「超音波振動」の効果

肌のむくみやたるみをとる(使うもの:水溶性ジェル)
皮膚の細胞を刺激して肌の血行・新陳代謝の促進させ、活性化を促すことができます。

この効果をしっかりと出すためには、水溶性ジェルを使って肌に美容器を当てることが必要となります。

超音波振動で肌の細胞を活性化!

それぞれに使う化粧品が決まっており、それを守らないと十分な結果がでないことになりますね。

目指すゴールはどちらも同じ

それぞれ「細胞が活性化することで、血流や栄養が十分になり、肌の代謝が整う」という目的は同じ。つまり、美顔器を使い続けていくうちに目指すゴールは二つとも同じなのです。

しかし、その目的を達成するまでのプロセスで、ビタミンC誘導体を使った「イオン導入」を選ぶか、超音波振動を利用した美顔器を使うかでは、「肌がよくなった!」と具体的に実感できる効果に違いがあります。

「イオン導入」
即効性があり、特に美白やシミ改善、肌のキメを整えるなどに効果あり

「超音波振動」
しわやたるみを改善することができ、血行促進など、代謝をよくする効果あり

簡単に言うとこのような感じになります。例えば友人の結婚式まで時間があまりないけれど、肌の状態はよくしたい!というのであれば「イオン導入」の方が向くかもしれませんし、最近新陳代謝も悪く、しわやたるみが気になってきたのでケアをしたい、というのであれば、超音波振動からスタートするのもいいと思います。

自分がより「どこからスタートしたいか?」という、美顔器を使うためのきっかけと、通りたい道(=美白効果、即効性、マッサージ効果など)をはっきりすることで、最終的には「美肌」の状態へ近づくことができると思います。

最初は目的に適した機能を使うことからはじめ、だんだん効果や実感が湧いてきたら次の機能を試すなど、工夫しながら「続ける」ことが大切。せっかく「美肌」というゴールに達成できたとしても、継続しなければ長持ちしません。最初は面白くて使っていた美顔器。でもだんだん飽きてきた、面倒だし、と次第にお蔵入りになることも。出来る限り美しい状態を長く保つために、続けていきたいですね。

同時出力はNG

時に「イオン導入と超音波振動効果を一度にできる!」というものがあります。それぞれに使う化粧品によって効果が左右され、目指している機能も違うので、一緒にできるとしても、「イオン導入」なら「イオン導入」、「超音波振動マッサージ」なら「超音波振動マッサージ」と、別々に行う方がよいでしょう。

機種や使い方をよく読んだ上で、続けて行う場合は、肌を疲れさせないようにすることも大切です。

メニュー