刺激に弱い人が安心して使うためのアドバイス

乾燥肌・敏感肌でも使える美顔器

季節によらず乾燥肌に苦しんでいる人が近年増加しています。職場や家庭でもエアコンを多用するようになった現代の生活は、常に乾燥しがちな状態です。また紫外線によるダメージも乾燥肌を悪化させてしまうことも分かっています。

乾燥した肌は肌に必要なバリア機能が失われていることも多く、ちょっとした刺激にも敏感になっていて、痛みやかゆみ、赤みを引き起こすことも。ケアにはとにかく保湿と低刺激がポイントです。

直接肌を刺激せずに水分を保つことができるのは、スチーマー型の美顔器です。きめ細かい水の粒子で肌の水分を逃さないようにし、保湿を助けます。忙しい人でも寝ているときに保湿ができますし、オフィスや出先でも使えるコンパクト型のものも登場しています。簡単に使えて、肌だけでなく髪にも潤いを与えてくれるので、乾燥しがちな人にはうってつけです。

普段の生活では、まず肌を刺激しないようにしたいところ。低刺激で肌に優しく、保湿効果の高いものを選びます。そして、肌を必要以上に擦ったり、触ったりしないようにします。最低限水分を与え、それが逃げないようにするシンプルケアを続け、肌に活力が戻ってきたら、少しずつ手を加えていきます。

外にでるときも、お化粧は薄目にし、肌に汚れや負担をかけないように。紫外線は乾燥を悪化させますから、UV対策だけはしっかりと。スチーマーの保湿効果で肌の水分を優しく守り、乾燥しづらい状態を続けていけば、肌にもみずみずしさが蘇ってきます。

季節や体調の変化に合わせた使い方

春夏秋冬、四季のはっきりした日本。最近は季節によらず一定の温度や湿度を保つ場所もありますが、屋外と室内の気温差や湿度の差は私たちの体を激しく消耗させます。あまり意識しませんが、肌も季節によって状態を変えています。衣替えという行事もあるように、服装だけでなく、スキンケアも季節によって、状態によって上手に切り替える必要があるのです。

季節の変わり目は肌が敏感になっていることが多いです。どの美顔器であっても、ちょっと肌が荒れやすい、ニキビができているなどの状態があるようなら、その時は避けたほうがベター。肌をよくするためと無理やり行わないようにしましょう。

美顔器は1回1回の威力も強力なので、肌が弱っているようなら触らないこと。低刺激なスキンケアを続けて、肌の状態が落ち着いたところで使えばOKです。

また、女性には毎月起こる月経によるホルモンバランスのサイクルがあります。毎回生理の前はニキビが出来るという人や、むくみがちになる人、その他貧血や発熱などの他の体の不調を訴える人も多くいます。

基本的に、排卵後〜生理までの2週間は、生理のために体が準備をしている時期。不調やニキビもここに現れます。この時期に美顔器を使用するのは避け、生理が終わった後の2週間を集中ケアにあてると効果的です。この時期は、体が生理によって体の老廃物を追い出した状態。ダイエットやスキンケアなどをするとてきめんの効果が現れます。美顔器もこの時期を狙って使うといいでしょう。

メニュー